広島の出会いが欲しいと言っていた

2020.03.10 Tuesday 17:17
0

    この広島の出会いは短歌の本をめくると目を引きました。
    馬場明子の一頭です。

    広島の出会いでは、男性の女性の交渉の愛の男性の対話。女性は、子供が欲しいと言って愛をテストしようとしているので、子供が欲しいと言います。

    広島 出会い


    そのような男性の広島の出会いさと裏切りは、女性を出会いますが、最終的に男性を殺すことができずに去ります。

    彼女は愛が冷めた女性から子供を望んでいると言われ、彼女が拒否した場合、彼女は出会いをするのに十分な後悔だろうと怖くなりましたが、この歌は歌「カナワ」に基づいたシリーズでした。 「橋姫」には頭が一つあります。

    女性が貴船神社で牛の彫刻を身に着けて、自分を捨てて若い女性に加わった夫を出会いたとき、神社の司祭は彼女に三本足の鉄の指輪を与えました。頭に松明が灯され、顔に赤い着物が置かれ、赤い着物が怒りを抑えます。
    夫悪い夢を持ち、安倍清明に悩まされている夫に、彼の人生は今夜だけだと言われると、彼女は恐れて叫び、祈りを求めます。

    category:- | by:hiroshima093comments(0) | -
    Comment








       

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM